2018東北マンドリン独奏コンクール&アンサンブル競演会

H30.3.10 開催要項を掲載します。

     下記PDFファイルをご覧ください。

ダウンロード
2018東北独奏コンクール_アンサンブル競演会_要項.pdf
PDFファイル 319.1 KB

H30.3.10 参加申込書を掲載します。

     下記PDFファイルをご覧ください。

ダウンロード
2018東北独奏コンクール_アンサンブル競演会_参加申込書.pdf
PDFファイル 270.8 KB

H30.3.10 課題曲の楽譜のダウンロードの案内です。

     下記PDFファイルをご覧ください。 

ダウンロード
課題曲について_2018東北独奏コンクール_アンサンブル競演会.pdf
PDFファイル 251.4 KB

審査員・特別演奏 堀 雅貴 氏 プロフィール

 マンドリン・指揮法・和声学を久保田孝氏に師事。平成23年度文化庁新進芸術家海外研修員としてドイツ・ザールブリュッケンに留学。Juan-Carlos Muñoz氏にマンドリンを師事。2014 10回ラファエレ・カラーチェ国際マンドリン独奏コンクール第1位。

 

 2011年「Rencontres Pince-Cordes」(仏)、「神戸国際音楽祭2013」「サントリー芸術財団サマーフェスティバル2015」等、国内外の音楽祭・コンサートにソリストとして出演。2015年にリリースしたクラシカル・マンドリンソロアルバム「PRELUDIO」は、作曲家 池辺晋一郎氏より「マンドリン界のみならず、広く音楽界に新鮮な波紋を起こすであろうことは自明である」と高い評価を得る。

 

 主宰マンドリンアンサンブル「EUPHORIA」では指揮のほか作・編曲も手がける。また、リーダーを務めるフュージョンバンド「Mandolicks(Pf:幡田賢彦 B:鳴瀬喜博 Dr&Perc:中沢剛)」も定期的にライブを開催しCDをリリースするなど、精力的に活動を行っている。

 

 2015年よりプロデューサーとしてコンサートシリーズ「Il Mandolino Giapponese –もう一つのイタリア文化」を主催。活動に更に拡がりを見せている。

 

 現在メイン楽器として演奏しているマンドリンは、世界的名工 落合大悟郎氏に特注で製作を依頼したもので、堀の要望・アイディアを余す所なく実現したこのモデルは「S-Hシリーズ」として伝統ある落合マンドリンの新たなラインナップに加わった。

 

 2017年より、世界的弦メーカーOPTIMA社のエンドーサーとして紹介されている。
 
マンドリン専門誌「奏でる!マンドリン」にて「テーマ別攻略法」を連載。マンドリンの演奏や練習法に関する記事を発表している。http://www.masastaka-hori.com/

(C)Yoshinobu Fukaya/aura.Y2